忍者ブログ

ゲームや刑事ドラマのブログです。      ゲームはxboxを中心にあれこれ書いていく予定です。 相互リンク大歓迎です。
09 2018/10 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 11

10.21.12:59

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 10/21/12:59

10.11.22:26

大都会PARTⅢ 第1話:「帰ってきた黒岩軍団」

story: 黒岩軍団、半年ぶりの登場。パートII同様、
“男のドラマ”が展開する!若い女の殺人事件の容疑者が
宗方の病院に入院。
黒岩は退院と同時に逮捕するつもり。そんな時、商店が襲われた!

寺尾聰演じる牧野次郎に注目
PR

09.08.00:58

幻の刑事ドラマ 「大都会 PARTIII」

数時間前に録画していた「大都会 PARTIII」を観ていた管理人です。

今回特集するのは、石原プロの幻の刑事ドラマ「大都会 PARTIII」です。



「大都会 PARTIII」は、1978年10月3日から1979年9月11日まで
日本テレビ系列で毎週火曜日21:00 - 21:54に全49話が放送された。

なぜこのドラマが幻のドラマなのかというと
当時の放送基準ではギリギリと言えるバイオレンス描写が
散りばめられ、今の時代では放送倫理上引っかかってしまうかもしれない
危険があるためだと思われるからです。

例えば・・・・犯人確保の際に犯人を病院送りにしてしまった
       ほどの逮捕劇
       その後病室で犯人を取り調べるときに 
       その犯人を殴る!殴る!腹を銃で殴る!

       火炎放射機で武器密輸団のボスを車ごと焼き殺したり・・

今じゃ絶対に放送できません(多分)

物語の舞台は城西署捜査課


黒岩 頼介 捜査課部長刑事-(演:渡哲也)
“泣く子も黙る黒岩軍団”の総帥。
拳銃は主にコルトローマン2インチモデルを使用している
部下は黒岩のことを「クロさん」「デカ長」と呼んでいる。



牧野 次郎 捜査課捜査員-(演:寺尾聰)
メカや重火器の知識に長け、狙撃の名手でもある。
サングラスと44マグナムがトレードマーク
拳銃はS&W M29 44マグナム8-3/8インチモデルを使用する。
愛称はジロー
ちなみに火炎放射機で武器密輸団のボスを車ごと焼き殺したのは
この人



虎田 功 捜査課捜査員-(演:星正人)
権威や権力を嫌い、上司に真っ向から反発することもしばしば。
愛称はトラ


ここからは動きの激しいシーンだったので、一部出演者の
画像が粗いです。


大内 正 捜査課捜査員-(演:小野武彦)
軍団の若頭的存在で、黒岩と加川の間でしばしば板挟みにあい苦悩する。
愛称は「坊さん」「坊主」
3話あたりからスキンヘッドにした。
小野武彦さんは踊る大捜査線の湾岸署刑事課課長を演じている



上条 巌 捜査課捜査員-(演:峰竜太)
持ち味の俊足を生かして被疑者を追い詰める若手刑事。
基本的に服装は黒尽くめ。パーマをかけ、
常に筋力トレーニングに余念が無い肉体派
愛称は「サル」



宮本 兵助 捜査課捜査員-(演:苅谷俊介)
九州出身で、怪力・石頭が自慢の自称「弁慶」。
捜査中“ワシが城西署のベンケイじゃっ!!”とよく啖呵を切る。



丸山 米三 捜査課捜査員-(演:高品格)
現場叩き上げの大ベテランで、
長年の経験で培われた勘の鋭さは署内随一。
愛称は「マルさん」。



加川 乙吉 捜査課課長-(演:高城淳一)
捜査指揮権を独占していると言える黒岩に対して
強い嫉妬心を抱いており、
その焦りからしばしば洒落にもならないイヤミを吐いてしまう。




宗方 悟郎 救急指定の渋谷病院外科医師-(演:石原裕次郎)
人望が厚く腕は抜群で、ヤクザや凶悪犯にも分け隔てがない。
黒岩の捜査に協力する。




これのDVD出ないかなぁ~。出てほしいなぁ~。出ると信じるしかない!
今CSの日テレチャンネルで放送しているので、
それだけでもありがたい。





08.22.22:44

刑事貴族

装いも新たにブログがリニューアルしました。
その名も刑事[デカ]ブログ!!
これからもよろしくお願いします。

リニューアル第一回目はこの新しいブログの名前の由来になった
「刑事[デカ]貴族3」について特集します。


刑事貴族3 1992年4月17日から1992年12月25日まで放送された
日本テレビの刑事ドラマです。
主演は水谷豊、共演者に後に相棒でコンビを組む寺脇康文、高木沙耶
のほかに田中実、宍戸開、彦摩呂、地井武男、松方弘樹といった
豪華メンバーで構成されています。


今作の主人公、本城慎太郎を演じるのは水谷豊
「あ~お恥ずかしったらありゃしない」、
「あ、ラッキーラッキーラッキー」、「こわいね」
など独特の軽い口癖が特徴的。
自分主義で、怒ると相手が誰彼かまわず暴走してしまう。
洞察力や推理力、拳銃の腕前は抜群だが、自分より大柄な相手に対する格闘はやや苦手な模様。
使用する拳銃はデトニクス.45オート
覆面車は本城の愛車のバンデン・プラ・プリンセス1300 を使う。
3ではベテランが減り若手が増えてきた為か、若手を仕切ったり、怒りっぽくなっている。


原田実:田中実
くせ者揃いの刑事課にあって一際几帳面な性格で、刑事としては模範的人物である。
第18話にて、「秋だから…」と言う理由でスポーツ刈り姿になった。
使用拳銃は前期コルト・ローマンMK3 4インチ、後期:コルト・ローマンMK3ニュータイプ 2インチ


村木拓:宍戸開
藤村刑事に加え吉本刑事という曲者の後輩によって存在が沈みがちに。
本シリーズでは親友が関わる悲惨な事件に遭遇してしまうが、
その解決後古巣の新人時代世話になった上司の誘いを受け、浅草南署へ異動する。
原田刑事とコンビを組むことが多かった。
使用拳銃はコルト・ガバメントMKⅣシリーズ70


芝夏美:鳥越マリ
多少口うるさい。結婚退職に傾きかけるが、ある事件をきっかけに
警察官を続ける決意を固める。海外研修に参加するため、第17話をもって辞任する。
使用拳銃はS&W M36チーフスペシャル


藤村亮:寺脇康文
高校時代はツッパリで、本屋・製版所・不動産屋を経て
警察官へ転職してきた異例の経歴を持つ。
そのため、原田刑事と村木刑事より少し年上ながら警察学校では同期。
本城刑事と共に番組をおおいに盛り上げた。
本城と藤村は自分たちのことを代官署最強コンビと言っている(自称)
「唖然喰らっちゃうな」が口癖。自身に都合のよい占いしか信じない。
外出時はサングラスを着用。喫煙家。
使用拳銃はコルト・ガバメントMkⅣシリーズ70フレームカスタム ステンレスモデル


吉本和彦:彦摩呂
当初は新人刑事で2晩連続で宿直させられる等色々とこき使われていたが、
緒形刑事が加入すると態度が大きくなる。村木刑事、原田刑事とは同い年ではあるが、
警察学校では後輩に当たる。
標準語で話すが、出身は大阪であるため、話言葉に時々大阪弁が交じる。
代官署メンバーで唯一特殊警棒を使用する。
使用拳銃はニューナンブ M60 3インチ


田辺しのぶ:中山忍
宮本課長の姪。
内勤の警察官だが、なぜか制服を着ることがない。
「勉強になるなぁ」が口癖。
後に現場での過酷な場面に遭遇することにより、警察官として成長を遂げていく。


武田秀彦:地井武男
係長的立場の刑事。通称「タケさん」。本城刑事からは「タケ先輩」と呼ばれる。
パート3宮本課長と一緒に刑事課内にいることが多い。
課内で唯一の妻帯者であり、高校生の娘とのコミュニケーションが
上手くとれず悩んでいたが、娘が関わった事件を境に、親子関係が多少改善する。


宮本謙:松方弘樹
代官署刑事課長。曲者揃いの部下達の行動は全てお見通しだが、それを優しく見守る。




17話までが前期、18話から後期で、18話から高樹沙耶演じる青木順子と
前田耕陽演じる緒形大輔が代官署に赴任する。
オープニングは前期のオープニングに彼らのシーンを追加しただけである。


青木順子:高樹沙耶
第17話で異動した芝刑事の後任。
本庁捜査一課の第一線で働いている内に、「人間らしい捜査」ができなくなり、
それを取り戻す為に代官署に戻ってきた。
代官署へ再加入した際、藤村刑事とは対立していた。
使用拳銃はS&W M60 2インチ


緒形大輔:前田耕陽
第17話で異動した村木刑事の後任。
本城刑事の事を目標・理想とする人物として尊敬している。
登場直後に番組の打ち切りが決定されたため、出演期間は約2ヶ月、9本と短いが、
主役エピソードは2本描かれている。
また若手刑事の中では本編中に発砲シーンが無かった。
使用拳銃はMGCハイウェイパトロールマン41




前期エンディング曲「もう涙はいらない」(鈴木雅之)


後期エンディング曲「君の瞳にRainbow」(織田哲郎)

今回はこの辺で・・・では、また。