忍者ブログ

ゲームや刑事ドラマのブログです。      ゲームはxboxを中心にあれこれ書いていく予定です。 相互リンク大歓迎です。
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

12.17.18:53

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/17/18:53

09.08.00:58

幻の刑事ドラマ 「大都会 PARTIII」

数時間前に録画していた「大都会 PARTIII」を観ていた管理人です。

今回特集するのは、石原プロの幻の刑事ドラマ「大都会 PARTIII」です。



「大都会 PARTIII」は、1978年10月3日から1979年9月11日まで
日本テレビ系列で毎週火曜日21:00 - 21:54に全49話が放送された。

なぜこのドラマが幻のドラマなのかというと
当時の放送基準ではギリギリと言えるバイオレンス描写が
散りばめられ、今の時代では放送倫理上引っかかってしまうかもしれない
危険があるためだと思われるからです。

例えば・・・・犯人確保の際に犯人を病院送りにしてしまった
       ほどの逮捕劇
       その後病室で犯人を取り調べるときに 
       その犯人を殴る!殴る!腹を銃で殴る!

       火炎放射機で武器密輸団のボスを車ごと焼き殺したり・・

今じゃ絶対に放送できません(多分)

物語の舞台は城西署捜査課


黒岩 頼介 捜査課部長刑事-(演:渡哲也)
“泣く子も黙る黒岩軍団”の総帥。
拳銃は主にコルトローマン2インチモデルを使用している
部下は黒岩のことを「クロさん」「デカ長」と呼んでいる。



牧野 次郎 捜査課捜査員-(演:寺尾聰)
メカや重火器の知識に長け、狙撃の名手でもある。
サングラスと44マグナムがトレードマーク
拳銃はS&W M29 44マグナム8-3/8インチモデルを使用する。
愛称はジロー
ちなみに火炎放射機で武器密輸団のボスを車ごと焼き殺したのは
この人



虎田 功 捜査課捜査員-(演:星正人)
権威や権力を嫌い、上司に真っ向から反発することもしばしば。
愛称はトラ


ここからは動きの激しいシーンだったので、一部出演者の
画像が粗いです。


大内 正 捜査課捜査員-(演:小野武彦)
軍団の若頭的存在で、黒岩と加川の間でしばしば板挟みにあい苦悩する。
愛称は「坊さん」「坊主」
3話あたりからスキンヘッドにした。
小野武彦さんは踊る大捜査線の湾岸署刑事課課長を演じている



上条 巌 捜査課捜査員-(演:峰竜太)
持ち味の俊足を生かして被疑者を追い詰める若手刑事。
基本的に服装は黒尽くめ。パーマをかけ、
常に筋力トレーニングに余念が無い肉体派
愛称は「サル」



宮本 兵助 捜査課捜査員-(演:苅谷俊介)
九州出身で、怪力・石頭が自慢の自称「弁慶」。
捜査中“ワシが城西署のベンケイじゃっ!!”とよく啖呵を切る。



丸山 米三 捜査課捜査員-(演:高品格)
現場叩き上げの大ベテランで、
長年の経験で培われた勘の鋭さは署内随一。
愛称は「マルさん」。



加川 乙吉 捜査課課長-(演:高城淳一)
捜査指揮権を独占していると言える黒岩に対して
強い嫉妬心を抱いており、
その焦りからしばしば洒落にもならないイヤミを吐いてしまう。




宗方 悟郎 救急指定の渋谷病院外科医師-(演:石原裕次郎)
人望が厚く腕は抜群で、ヤクザや凶悪犯にも分け隔てがない。
黒岩の捜査に協力する。




これのDVD出ないかなぁ~。出てほしいなぁ~。出ると信じるしかない!
今CSの日テレチャンネルで放送しているので、
それだけでもありがたい。





PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら