忍者ブログ

ゲームや刑事ドラマのブログです。      ゲームはxboxを中心にあれこれ書いていく予定です。 相互リンク大歓迎です。
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

12.17.18:47

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/17/18:47

10.10.00:19

fallout3 ウエイストランド冒険記 第二回

good afternoon everyone!!!!!!!!!!!!!!!
気がついたら、ひと月ほど更新していませんでした。

だけど、fallout3はかなり進みました。
自作武器も結構作れて、特にお気に入りが自作ライフルの
「レールライフル」という武器である。
材料はまつば杖と圧力鍋、蒸気気圧計の部品、核分裂バッテリーという
一見するとごみにしか見えないが、つなぎ合わせると
巨大な釘を放つ凶悪な武器に変貌するのだ!!!!!!
これで、スーパーミュータントを違った意味で釘づけにできるぞ!!!!

他にも、毒をしみ込ませたダーツを発射するダーツガンや
ヒートロッドのような武器シシケバブを作りました。

先日、リンカーン博物館を探検していたら、
「リンカーン・リピーター」というユニークアイテムを見つけました。
早速使ってみると、スーパーミュータントを一撃で粉砕するほどの
威力だった!!!!!!!!!

そして今日、荒野をふらふらしていたら崖から煙が立ち上っていたのを
発見して、近づいてみたらなんとそこに
円盤(つまりUFO)が墜落していた!!!!!!!!!
興味本意で近づいたら、急に上空から不思議な光線が!!!!!
どんどん地面から離れいていく。そう、宇宙人に連れ去られたのだ!!!!

ふと目が覚めると、俺の周囲を奇妙な生き物が取り囲んでいる。
意識は朦朧しているが、体は動かない!
視界がハッキリしてくると奇妙な生き物は、
どっかで見覚えのある知的生命体だった。そうだ! 
こいつらはグレイってヤツだ!!!!!!!
そして再び意識を失った。

目が覚めると、独房にいた。そこにはソマーという女性がいて、
どういうことが起きたのかを教えてくれた。
彼女曰く、団結して宇宙人どもを倒せば地球に
戻れるかもしれないという。
そのプランに乗り、エイリアンをおびき寄せるために
2人で茶番のケンカを繰り広げ、看守のエイリアンの倒し、
自分の装備を取り戻すことができた。
廊下を突き進むと銃を持ったエイリアンが押し寄せてきた。
ヤツらの銃はエイリアンテクノロジー満載の恐ろしい武器だつた。
対抗しようと自分はレールライフルを手にとった。
「デジタルに対抗するにはアナログが一番だぜ!!!!」って感じのノリで
エイリアンどもに釘を打ってやった。

ソマーとともに宇宙船を突き進んいたら、サリーという少女に出会った。
子供だけに宇宙人連中ともピュアに接しているらしく、宇宙船の内部構造にも相当詳しいらしい。サリー曰く、ジェネレーターをすべて破壊
すればシステムがダウンするらしい。

やっとの思いで宇宙船の中央部らしき空間に辿り着くと、
そこにはコールドスリープ装置と思われるカプセルが
並んでいる部屋があった。
そこには4人の男たちがいた。
コントールパネルを操作し彼らを助け出した。
宇宙飛行士の人物はすでにお亡くなりになっていたが、
他の3人は生きていたので、彼らと即席チームを作った。
一人目は、核戦争前のアンカレッジ作戦の部隊のアメリカ軍兵士
「ターコリエン」。
二人目は、「おれの相棒はこのマグナムだけだぜ」と話す
西部開拓時代のガンマンの「ポールソン」
三人目は、戦国時代の日本から連れ去られたサムライ
「トシロー・カゴ」(駕篭敏郎?)
彼は日本語しか話せないため、主人公や他の人物が何を言っているのか
理解できないらしい。
彼曰く、
「ここはどこじゃ? うぬらは何者じゃ? それがしの刀は
どこじゃ。刀がなければ、あの妖怪たちは切れぬ。」
言葉が通じないため彼とは一緒に行動できない。
ターコリエン曰く、トシローを兜や防具は奇妙なアーマーらしい。

そして、彼らはエイリアンを倒すために立ち上がった・・・・・・
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら