忍者ブログ

ゲームや刑事ドラマのブログです。      ゲームはxboxを中心にあれこれ書いていく予定です。 相互リンク大歓迎です。
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

12.17.18:48

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/17/18:48

08.09.00:53

相棒 season7 DVD-BOX 買いました

久しぶりの更新です。
先日、「相棒 season7 DVD-BOX」と「853-刑事・加茂伸之介 DVD-BOX」を
買いました。

とりあえず、相棒の感想を書いておきます。


season7は亀山薫が卒業するシーズンでもあり印象深いです。
BOX1は亀山卒業が卒業する「レベル4~後篇・薫最後の事件」まで
収録されています。
season7で一番印象に残っているのがオープニングテーマです。
出演者のクレジット無し・歌詞付き(英語)・12秒という短さ
いろいろと好みのわかれる曲ですが、管理人は一番好きです。


とりあえず、各話の感想と印象的な台詞 (ネタバレ)


第1話 還流〜密室の昏迷  NGO職員殺人事件

加害者:小笠原雅之 被害者:兼高公一
冒頭から劇場版を彷彿とするような海外シーン
亀山の出身校が新潟県立阿賀野東高校という事実にびっくり!!
管理人の地元にある高校の名前が新潟県立阿賀野高校なのでドラマで
観た時はテンションup
(ちなみに新潟県に阿賀野の名前の付く高校は阿賀野高校だけなんです)
伊丹史上最高の暴れっぷりと捜一の計算高さ
大河内さんの「あなた方と仲良くしすぎました」
      「ウザいんですよ」の発言に驚き!!

第2話 還流〜悪意の不在   政府支援物資横領事件

加害者:瀬戸内米蔵・小笠原雅之 被害者:日本政府及び日本国民
物語の最後の最後でサブタイトルの意味がやっとわかりました。
瀬戸内、小笠原、皆悪意のない中で事件は生まれて・・
ひとりは殺人者となりひとりは葬られた・・。
瀬戸内さんの正義がこんなことになるとは・・・・
かなり重たーい話です。
右京さんの「法務大臣のあなたが法を犯した。決して許されることでは
      ありません。」

第3話 沈黙のカナリア   議員秘書及び日雇い派遣殺人事件

加害者:松岡京介 被害者:中村忠是・種田正
最近ちょくちょく出てくる議員会館。政治関係好きだなぁ~
右京:「どうやら見えてきたようですね。」

第4話 隣室の女   白骨化遺体発掘事件

加害者:岸あけみ(本人死亡)・横山慶子(証拠隠滅) 被害者:小森高彦
今回のトリックは見抜けませんでした。
子供に撃たれてやれられる真似をする大木と小松。
でも右京さんは平気な顔で立ち去ろうとし、
子供が「おい、なんで倒れないんだよ。」言うと
右京さんが「防弾チョッキを着ています。あしからず。」というシーン。
子供にも容赦のない右京さん・・・・

第5話 顔のない女神   人気DJ殺人事件

加害者:伊沢絹江(殺人教唆)・木下肇 被害者:西田春香
なーんか今一つの出来でした。
角田課長がラジオ出演かとおもいきや、事件のせいで白紙に・・・

第6話 希望の終盤   プロ棋士自殺事件

加害者:畑一樹(証拠隠滅) 被害者:西片幸男(自殺)
最後まで見たら、悪い人は誰もいなんじゃないのかと思いました。
物悲しすぎる顛末でした。

第7話 最後の砦   連続スクーター通り魔事件①及び警察官自殺事件②

加害者:日下部裕①・なし② 
被害者:金子洋子・高梨加奈①・下柳努②
相棒史上最高の神回降臨!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
重い!深い!渋い! 本編がまぁ~重い!
伊丹さん超カッコイイ!!
「おめえみたいな警察官がいるから迷惑するんだよ!!!!」
登場人物みんなカッコイイ(刑事部長を除き)
亀山のこの言葉にもジーンときます。
「強いですね、右京さんは。そして、正しい」
ホント神です。この回は・・・

第8話 レベル4〜前篇   バイオテロ事件

加害者:小菅彬  被害者:後藤一馬
ついにきました亀山卒業回前篇
小菅に人質になった薫。そのときに対処した方法は・・・・
薫の9年間の成果が凝縮されています。

第9話 レベル4〜後篇・薫最後の事件   バイオテロ事件

加害者:松井  被害者:吉田
さらば、亀山薫・・・・
冒頭の米沢さんのこのセリフ「我々は警察官ですぅ!!!」
ウィルスが洩れたと思われた時の彼のこの対処は実に見事!
まさに警官の鑑でしたね。
小菅に対する三浦さんと右京さんのブチ切れっぷりも印象的
右京「つべこべ言わずに答えなさい!!!!!!」
右京さんの亀山に対するこの言葉・・・
「あくまで僕の推測に基づく判断です。きみには相当なリスクを背負ってもらわなければなりません。」
そして、右京さんに対する亀山の返答
「これが、右京さんとの最後の事件になると思います・・・・」
右京さんの推測に疑いもなく命の危険顧みず飛び込んでいく亀山。
その熱き想いと信頼感に感激!
亀山が辞表を提出する時のみんな行動に感動しました。
右京さんの「誰が笑うものですか・・」はとても重く、深かったです。
亀山の辞表を望んでいたはずの刑事部長の驚きに一抹の寂しさが
見えたのは管理人だけではないでしょう。
伊丹と亀山・・最後まで素直になれない友情もまたグッとくるものがありました。
伊丹「元・特命係の亀山ぁ~。尻まくるとはてめえらしいぜ。てめえなん   かジャングルの奥で死んじまえ。」
亀山「そうなったら真っ先にお前のところに出てやるよ~。」
伊丹「おぅ、上等だこらぁ。とっとと行けよ、バカ野郎・・・・」
管理人はこのやりとりで泣けました。

ラストの右京の台詞
「ひとつ言い忘れていました。どうか、気をつけて行ってください。
 以上です。」

ここまでがBOX1に収録されている内容です。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら