忍者ブログ

ゲームや刑事ドラマのブログです。      ゲームはxboxを中心にあれこれ書いていく予定です。 相互リンク大歓迎です。
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

12.17.18:56

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/17/18:56

04.29.23:47

名探偵コナン

今日はコナンの記事です。
昨年から、毛利小五郎の声優が変わって、一切観る気がなくなったのですが、最近コナンにはまり、アニメを最初のあたりから見返しています。
コナンはサブキャラを含め、大量のキャラが出演しています。
というわけで、
管理人が好きなコナンのキャラクター・ベスト10を紹介します。
※これは管理人の独断と偏見により選んでいるので、
一般的なコナン好きの人に比べ、少しずれているかもしれません。

10位
「黒羽 盗一(初代・怪盗キッド)」 声優 - 池田秀一
初代キッド。
世界的なマジシャンだったが、8年前のマジックの最中に亡くなる。
キッドとしては工藤優作と対決し、互いにライバルと認めていた様子。
20巻で名前を挙げられ、34巻にて彼らしき人物の後姿が回想され、55巻で初登場する。
出番が本当に僅かなため、彼が初代キッドだということは
コナンファンでないとわからない。
アニメでも僅かに登場。小学生の新一に挑戦状をおくった。

9位
「松本 清長」 声 - 加藤精三
警視庁刑事部捜査一課のデスクワーク専門の管理官。階級は警視。
目暮警部の上司。
顔に20年前事件で負った傷があるため、ヤクザのようにも見えるが、
内面は警察官の鑑そのもの。
劇場版『漆黒の追跡者』では、ビートルズに因んだ暗号で助けを
求めている。
階級が高いので、あまり出番が少ない。

8位
「遠山 銀司郎」 声 - 小川真司

大阪府警刑事部部長。警視長。遠山和葉の父親。
平蔵とは幼馴染みで親友であり、右腕として絶大な信頼を
寄せられている。
平蔵と違い冗談を言うのが好き。大滝警部からは「遠山のおやっさん」
と呼ばれている。
大阪で事件が起きない限り、出番がない。

7位
「高木 渉」 声 - 高木渉

警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査三係の巡査部長。
真面目な性格で、コナンのような子供の話も真剣に聞く。
時には優れた推理力や行動力を見せることもある。
最初は頼りない刑事という扱いだったが、徐々に活躍の場を
増やしている。
真面目で優しい性格からか、少年探偵団の面々とは仲が良く、
うっかり捜査中の事件のことを話してしまうこともしばしば。
特にコナンからは信頼されているようで、よく事件についての調査を
依頼されている。

6位
「工藤 優作」 声 - 田中秀幸

工藤新一の父親。世界に名を轟かす推理作家で、
『闇の男爵(ナイトバロン)』シリーズなど世界的ヒット作を
数多く生み出している。
新一以上の推理力の持ち主で、新一の推理力は彼譲りとされるが
未だに新一には負けていない。若い頃から目暮に捜査協力しており、
親子2代に渡って行われた事件を親子2代に渡って解決したことがある。
新一絡みの事件でないと、登場しないため、出番は僅少

5位
「服部 平蔵」 声 - 小山武宏

大阪府警本部長。警視監。
服部平次の父親で、作中ではあまり明記されないものの
その観察力・推理力は平次やコナンを遥かに凌ぐほどの実力。
管理人が思うに、「名探偵コナン」の登場人物の中で
一番推理力が高いと思う。
こちらも遠山と同様、大阪で事件が起きない限り、出番がない。

4位
「江戸川コナン」 声 - 高山みなみ

説明不要の本作の主人公。
高校生探偵として名を馳せたが、黒の組織によって試作段階の毒薬を
飲まされ、身体が縮んでしまう。
正体がばれて周りに危害が及ぶのを防ぐため、普通の小学生として
生活している。
ほぼすべての回に登場。

3位
「服部平次」 声 - 堀川りょう

大阪の高校生探偵。新一と並ぶ西の高校生探偵として名を馳せている。
コナン(新一)のライバルかつ親友。
よく人前でコナンのことを工藤と呼ぶ。
コナンに名前を呼ぶのを気をつけろといわれ、
「正体、ばらしてもええんやで~。」と言って脅した。

2位
「白鳥任三郎」 声 - 塩沢兼人(146話-157話)→井上和彦(205話- )

警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査三係の警部。
初登場は劇場版『時計じかけの摩天楼』で、容疑者の1人として登場。
当初は警部補で劇場版のみのキャラクターだったが、
その後警部へ昇進し、以降漫画やアニメにも登場するようになる。
しかし映画では、疑い深いような素振りを見せることがあったために、
毛利小五郎から犯人だと疑われた。
基本的には生真面目で慎重な性格だが、時には大胆な行動を
取ることもある。
劇場版では、目暮警部同様全作品に登場している。

1位
「毛利小五郎」 声 - 神谷明(1-548話)→小山力也(553話- )

毛利蘭の父親。「毛利探偵事務所」を経営する私立探偵。
コナンの陰の活躍で現在は眠りの小五郎として名を馳せている。
連載当初は“ヘボ探偵”と紹介されていたり、どこか憎めない
お笑いキャラであったが、連載が進むにつれ時折優秀な一面を
覗かせることもある。
ある事件で容疑者を間違った推理で追い詰め、
その件が一因で容疑者が自殺してしまった際には、探偵事務所の看板を
下ろして責任を取ろうとしており、責任感の強い一面もある。
基本的に推理力はあまり優秀ではない。密室殺人などの不可能犯罪に遭遇した場合、大抵「自殺」と即断して捜査を切り上げようとする
傾向がある。
かつては警視庁捜査一課強行犯係に勤めていた。刑事時代には
警視庁でも有数の拳銃の腕前だった。
劇場版『水平線上の陰謀』では、ほぼ1人で事件の真相を解き、
コナンの助けを受けずに犯人を撃退した。
劇場版『水平線上の陰謀』は小五郎が活躍するので、
自分はこの作品がかなり好きです。

劇場版やtvで挿入歌として使われた、「キミがいれば」を
劇場版の名シーンとともにご覧ください。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら