忍者ブログ

ゲームや刑事ドラマのブログです。      ゲームはxboxを中心にあれこれ書いていく予定です。 相互リンク大歓迎です。
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

12.17.18:48

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/17/18:48

03.29.23:50

座頭市

こんばんわ、管理人です。
6月に北野武監督の最新作「アウトレイジ」が公開されます。
ということで今回は2003年に公開された「座頭市」のレビューをします。
市:「こんな狭いところで刀そんな風に使うんじゃだめだよ」


データ
・監督、編集、脚本: 北野武
・原作: 子母沢寛
・企画: 斎藤智恵子
・プロデューサー: 森昌行、斎藤恒久
・配給: 松竹、オフィス北野

出演者
・市:ビートたけし
・服部源之助:浅野忠信
・服部の妻、おしの:夏川結衣
・農村の老婆、おうめ:大楠道代
・おうめの甥、新吉:ガダルカナル・タカ
・芸者姉妹の姉、おきぬ:大家由祐子
・銀蔵一家親分、宗家の銀蔵:岸部一徳
・的屋の主人:柄本明

あらすじ
盲目のやくざ・市が或る宿場町に到着した。
その町はやくざの銀蔵一家に支配され、
人々は苦しい生活をしいられていた。
ここで市は、幼少時に両親を何者かに殺害され親の仇を探して旅をしている芸者の姉妹と出会う。
脱藩して職を失った浪人もこの町にたどりつき、
剣術の腕を買われて銀蔵一家の用心棒を勤める。
とある飯屋で市と浪人は出会い、互いに相手の剣術の凄さを見抜くのだった。
市は賭場で遊び人の新吉と出会い、それが縁で新吉の叔母・おうめの家にやっかいになる。
ある日市は賭場の博打のイカサマを見抜いたことから、やくざと大殺陣を演じてしまう。

やがて姉妹の親の仇が銀蔵一家だと判明した。姉妹は復讐を遂げるために銀蔵の家に乗り込む。


この作品に点数をつけるとしたら、90点です。
この作品は今までのキタノ映画に比べ見やすい作品だと思います。
DVDで観たのですが暗いシーンも見やすいところがよかったです。
あと、ラストのタップダンスのシーンを5.1chで観ると
とても迫力があります。

殺陣のシーンも豪快で躍動感があり、とてもおもしろいです。

みどころは浅野忠信さんの存在感です。
妻のために用心棒の仕事をし、市を倒すことに執念を燃やす
信念が心に響きました。


あと、ガダルカナル・タカがなかなかのはまり役でした。

この作品はR-15指定なので、腕がとんだり、指が切れ落ちたりする
描写があります。

やっぱりキタノ映画はいいですねぇ~
なぜ日本であまり評価されないのかが不思議です。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら